第21回全日本選手権 東京都大会予選 CINtaroooooにPKの末敗退


【第21回全日本選手権東京都大会予選】

2015年9月6日(日)エスフォルタアリーナ八王子

サンパチオフットサルクラブ 2-2(PK 3-4)CINtarooooo

<得点>
土屋、杉村

 

いつも練習で使っている体育館が諸事情で使えなかったため、ほとんどの選手が8月15日のCAMISA戦以来とあって、コンディションが最大の不安要素。

加えて、この試合、木下監督が安室ライブ鑑賞で不在のため、増田が代わりに指揮をとることになり、ベンチワークも一抹の不安。

そんな中、試合前のメンバーチェック時に、登録したハズの飯塚の名前が無いというハプニングが発生!チームに動揺が走ったが、運営側のミスということが分かり、事なきを得、ほっと胸をなでおろす。

ちょっとした不安要素とハプニングがある中、迎えた一戦。

 

前半開始1分、立ち上がりの悪さを露呈するように、幸先よく先制点を許してしまう。

それでも11分に、今シーズン絶好調、頼れるエース土屋のゴールで追いつき、前半を1-1で折り返す。

 

後半に入っても一進一退の攻防。リーグ戦より試合時間が短いこともあって、リードしたいところであったが、相手に先手を打たれてしまい、追う展開。

その後、猛攻をしかけ、チャンスは作るものの、なかなかゴールをこじ開けられない。

誰もがこのまま試合終了かと思った残り7秒、コーナーキックからのサインプレーで杉村が決めて、土壇場で同点に追いつき、勝敗の行方はPK戦(3人制)へ。

 

迎えたPK戦、蹴る順番は、これといって決まっていないので、今回は背番号の高い順。

先攻はサンパチオ。1番手の飯野が外してしまうも相手も外しイーブン。続く2番手、3番手は互いにきっちり決め、サドンデスに突入。

お互いに1人が決めて迎えた5人目、ゴレイロの岩本まで回ってしまい、ある意味予想通り!?の失敗。相手の5人目にきっちりと決められ、今年の選手権予選はこれにて終了。

昨年の選手権のリベンジされちゃいました(苦笑)

DSC06469

 

 

[ad]
dalponte_a

ブラジル発のフットサルブランドダウポンチ(DalPonte)日本を始めとする世界20カ国以上に輸出販売を行っており世界中のファンを魅了し続けている。

スポンサードリンク

Recent Posts

Facebookページでは、最新のお知らせやブログの更新情報などを配信しています。是非チェックしてください!