昨季チーム得点王飯塚の今季初ゴール、鯰江のダメ押し弾で不動前を下し、開幕戦以来4試合ぶり勝利!!


【東京都フットサルリーグ1部 第六節】

2017年7月17日(月・祝)小金井総合体育館

サンパチオフットサルクラブ 3-1 不動前

<得点>()内はアシスト

後半03分 1-0 飯塚(紅谷)
後半09分 1-1 失点
後半10分 2-1 飯塚(紅谷)
後半18分 3-1 鯰江(なし)

 

開幕戦こそ勝利を飾ったものの、引き分けを含め3試合勝利から遠ざかっているサンパチオ、今節は10位不動前との対戦、今後(残留)を占う意味では重要な一戦。

サンパチオにしては珍しく、試合前日に練習。翌日に備えコンディションを整えに来る者、体力温存?で休養する者、連休の中日で家族サービスデイの者などなど、参加は自己判断に委ねられた。

 

この日は、アップ(ブラジル体操)隊長の宿村が不在のため、小池と鯰江が代行。メニューはいつも以上に少なめ、同じメニューを繰り返すなど、なかなかのグダグダ具合。宿村の存在を改めて感じるシーンであった。

 

偶然新宿で会ってしまうくらい意思の疎通が出来ているこの二人、真剣な表情で攻撃の形を確認中?こういうところからコンビネーションの良さが伺える。

 

試合前のメンバーチェック、メンバー表が違う(反対だった)ことに気付かずそのままチェック・・暑いからね、ぼーっとしちゃうよね、しょうがない!そんな面白いネタ提供してくれなくてもいいんですがね・・(苦笑)

 

試合前の集合写真は、3枚の横断幕とともに。この横断幕の上に、飯塚の愛娘がいたが、映り込むことができず、、、念願の集合写真デビューは次節以降に持ち越された。

 

スタメンはこの5人。

 

<前半>

チームファーストシュートは鯰江。相手のブロックにあうも、ゴールへの積極性は拍手!

 

苦手な朝一の試合なのに体は動いている。相手カウンターにもしっかり対応。

 

最初の決定機が訪れたのは4分、このところ調子が良い杉村が左サイドを崩し、ゴール正面の立花に完璧なパスを通す。先制ゴールが決まったかに見えたが、立花は合わせられず。

 

続く7分、得意のカウンター発動!しかし飯野が倒され審判の笛が鳴る。プレーオンで流せば2対1の状況に、木下は「最年長ゴール記録を更新できたかもしれないのに」とぼやく。絶好のチャンスを逸し、全員この表情(笑)

 

前半半ば過ぎ、相手が5ファール。これ以上ファウルできない相手に対し、アグレッシブにガンガン仕掛ける。立花が相手DF2人の間をドリブルで割ってシュートを放つ。が、シュートは枠を捉えらず。

 

杉村からパスをゴール前で受けた吉野がシュート、一旦はキーパーに弾かれるも、自らこぼれ球を押し込む。サンパチオ移籍後初ゴールか!?と思われたが、またはじき返される。しかしそのこぼれ球がまた自らの足元へ。3連続シュートを放つも最後は無常に枠の外。「三度目の正直」ではなく「二度あることは三度ある」の方だったか。

 

ゴール正面でボールを受けた飯野、寄せられながらも粘ってボールをキープし、強引にシュートするも惜しくも右ポストを叩き得点ならず。

 

前半残り3分、アクシデント発生。杉村が相手選手への守備で交錯し転倒。左肩を押さえたままピッチに倒れ込む。心配そうに見守る中、「邪魔だから運んで」と促され一旦ベンチに下がる。

 

前半残り1分、昨シーズンから無得点記録を継続している小池があわやゴールに迫る。土屋からのエンジェルパスに小池がファーポストに飛び込むも及ばず。小池は「届かないのはわかったんだけどとりあえず滑ってみた」と後日談。七夕の短冊に書いた願いが叶った瞬間であった、笑。

 

前半終了間際、絶対絶命のピンチ。カウンターを仕掛けようとしたところで、ボールを奪われ逆カウンターに。土屋がファウル覚悟のスライディング、一発退場でもおかしくなかったがイエローで命拾い。

 

チャンスもあればピンチもありつつ前半はスコアレス。

 

 

<後半>

試合が動いたのは後半3分。相手ペナルティエリア付近でFKを獲得、キッカーは紅谷。直接狙うと見せかけてフリーの飯塚へ。これを難なく押し込み先制!!!

 

今までとまるで別人のようにガンガンシュート打つ杉村。一人交わし強烈なシュートを放つもキーパー正面。中の人が変わったのか?

 

飯野のシュートは枠を捉えられず。

 

中盤での激しい球際の攻防が続く。

 

昨シーズン、シュートゼロ本だった秋山、今シーズンは積極的にシュートを打つ。良いポジションにはいるんだが、いかんせんシュート精度が低い。

 

追加点が奪えないでいると迎えた後半9分、ゴール正面でFKを与えてしまう。壁を作り万全の態勢を整えるも、キッカーが助走に入った瞬間、ベンチから、「ニア下げなくて大丈夫か」の声に、キーパー岩本が動揺し、ニアに気をとられてしまい、直接ズドンと決められ、同点とされる。直前に言うベンチもベンチだよな・・・

 

しかしその1分後、コーナーから飯塚が左足一閃!コース、スピードともに完璧な一撃に相手キーパーは一歩も動けずゴール右上に突き刺さり勝ち越し!!

 

奥さんと子供が観戦に訪れていたからか、飯塚にチャンスが幾度と巡ってくる。秋山からのパスをゴール正面で受けた飯塚、”ど”が付くほどのフリー!だが、ハットトリックを意識しすぎたか、シュートは力んで枠の外へ。飯塚はハットトリックのチャンス逃し、天を仰ぐ。

 

自陣ゴール前に押し込まれるシーンもどうにかこうにか凌ぎ、1点リードのまま終盤に突入。

 

安心できない得点差。追加点が欲しい。

残り3分、自陣ゴール前で巧くボールを奪いカウンター!

左前で受けた小池がキーパーが出てきたところを肩口を抜くループシュート!しかし、ここでも七夕の願い事が勝る!?左ポストに直撃!

追加点を逸したかと思われたが、その跳ね返りを鯰江が豪快に振り抜き、喉から手が出るほど欲しかった追加点!

 

残り2分、2点差。

さらに点差を広げたい。

後半終了間際、カウンターのチャンス。相手ゴール前の混戦、走りこんだ杉村が後ろから倒されるもノーホイッスル。追加点ならず。

 

最後、ヒヤリとする場面もあったが、最少失点に抑え、開幕戦以来4試合ぶりの勝利で今シーズン2勝目!!

試合後は勝利の余韻に浸りつつ、昼からビールを飲むというと至福のひとときを過ごしました。

 

写真提供:東京都フットサル情報サイト【FutsalStyle】

東京都1部第6節結果

【東京都1部第6節】不動前 vs SANPACHIO FUTSAL CLUB

 

[ad]
dalponte_a

ブラジル発のフットサルブランドダウポンチ(DalPonte)日本を始めとする世界20カ国以上に輸出販売を行っており世界中のファンを魅了し続けている。

スポンサードリンク

Recent Posts

Facebookページでは、最新のお知らせやブログの更新情報などを配信しています。是非チェックしてください!