都リーグ最終節はジュールに逆転を許して惜敗


【東京都フットサルリーグ1部 最終節】

2014年1月4日(土)武蔵村山総合体育館

サンパチオフットサルクラブ 2-3 小金井ジュール

<得点>
木下×2

 

2014.01.04_1

サンパチオ、ジュール、両チームとも残留を確定していた一戦。サンパチオは木下監督が遅刻するという大失態をおかしたせいか、いつになくリラックスムードが漂っていた。

 

開始2分、右サイド、本多のシュートが惜しくもポストを叩き、跳ね返ったボールを鯰江がゴール前にいた木下へエンジェルパス、これを受けた木下が押し込み幸先よく先制!

2014.01.04_2

 

そのわずか2分後、遅刻してきたにもかかわらず「守備はしない」とゴール前にあがっていた木下が混戦から押し込み追加点!

2014.01.04_3

 

序盤はサンパチオペース。ゴレイロ林が安定したセーブで安定したセーブをみせ、失点を防ぐも、次第に相手ペースになり、14分、1点を奪われ、前半を2-1で折り返す。

IMG_7669

 

後半早々、絶好のゴールチャンスが訪れる!鯰江がキーパーと1対1になったものの決めきれず。チャンスの後にピンチあり、相手コーナーキックから同点に追いつかれてしまう。

IMG_7807

 

直後には土屋に決定機が訪れる。ハーフウェイ付近、土屋が相手からボールを奪い独走。相手キーパーの果敢な飛び出しに同点ゴールは奪えず。そして、またまたチャンスの後にピンチあり、土屋のパスミスから逆転ゴールを許してしまう。

IMG_7931

 

木下のゴールに刺激されたのか、宿村、紅谷がいつになく果敢に攻め上がり、チャンスは作るものの得点が奪えない。

2014.01.04_6

 

リーグ屈指の守備力を誇るジュールの体を張った守備を打ち破ることができない。ただただ、時間だけが過ぎていく。

IMG_7847

 

そして、後半残り1分。

相手の5ファールから第2PKを獲得し、ビッグチャンス到来!キッカーはこの日誕生日の土屋。しかし、相手キーパーに見事に弾かれ、バースデーゴールは奪えず、THE END・・

2014.01.04_7

 

今シーズン最終戦、勝利で飾ることはできなかった。

 

写真提供:Futsal Style

【戦評】ジュールは大和地の決勝点でサンパチオに勝利
【試合速報】小金井ジュール vs SANPACHIO FUTSAL CLUB

 

【都リーグ順位表】 2014年1月5日現在

順位 チーム名 勝ち点 試合数 得失点
1位 BRB/TANTALUS FUTSAL CLUB 28 11 39
2位 CAMISA 24 11 21
3位 情熱ロンリネス 22 11 11
4位 小金井ジュール 16 11 -3
5位 Diavolo S.P.F.C. 15 11 -6
6位 美少年倶楽部 14 11 -1
7位 BANFF TOKYO 13 11 -8
8位 SANPACHIO FUTSAL CLUB 13 11 -3
9位 Club Atletico Evolucion 13 11 -5
10位 DIVERTIDO八王子 13 11 -6
11位 十条フットボールクラブ 10 11 -15
12位 中野フットサルクラブ 7 11 -24

 

[ad]
dalponte_a

ブラジル発のフットサルブランドダウポンチ(DalPonte)日本を始めとする世界20カ国以上に輸出販売を行っており世界中のファンを魅了し続けている。

スポンサードリンク

Recent Posts

Facebookページでは、最新のお知らせやブログの更新情報などを配信しています。是非チェックしてください!